スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2017年02月13日

陸上自衛隊 防寒外衣,上衣, 2009年度

1965年から採用されている防寒外衣です。

納入当初の品名は「防寒外衣65式」で、1970年以降から「防寒外衣」として調達されており、その姿・名前をほぼ変えずに現在に至ります。

陸上自衛隊の被服の中で最も長く着用されている被服の1つと言えるでしょう。

ODと白のリバーシブルになっており、野戦や雪中戦など状況に応じて使用します。

積雪寒冷地という限られた地域で着用されているためか、メディアでの露出が少なく、且つ古い被服であるため退役したと勘違いされがちですが、2009年と比較的近年も調達されている事が確認されています。


  


Posted by 歴代の自衛隊装備 at 22:32Comments(0)陸上自衛隊外衣・外とう・外被

2017年02月13日

陸上自衛隊 防寒戦闘手袋,一般用 2005年度

戦闘装着セットの1つ。

いわゆる濃緑色の軍手ですが、防寒用という事で戦闘手袋,一般用より厚めにできています。

外観は戦闘手袋,一般用とほとんど同じです。


  


Posted by 歴代の自衛隊装備 at 20:00Comments(0)陸上自衛隊手袋

2016年09月24日

陸上自衛隊 迷彩下衣, 2001年度

陸上自衛隊で採用されている下衣には、戦闘下衣、迷彩下衣があります。

戦闘装着セットが貸与されない部隊では、戦闘下衣が支給されていました。

戦闘装着セットに含まれる戦闘下衣とは名称が異なるだけで全く同型です。


  


Posted by 歴代の自衛隊装備 at 21:00Comments(0)陸上自衛隊下衣

2015年12月04日

陸上自衛隊 戦闘下衣,迷彩, 2006年度

戦闘装着セットの1つ。

準拠品として、全く仕様だが品名が異なる“迷彩下衣”もあります。


  


Posted by 歴代の自衛隊装備 at 06:00Comments(0)陸上自衛隊下衣

2015年11月29日

陸上自衛隊 戦闘手袋, 2005年度

<戦闘装着セットの1つ。

タグに素材が書かれていないので材質は不明ですが、サラサラした触り心地の革が使われています。


  


Posted by 歴代の自衛隊装備 at 19:05Comments(0)陸上自衛隊手袋

2015年11月28日

陸上自衛隊 戦闘靴,装甲用 1999年度

戦闘装着セットの1つ。

戦車搭乗員が着用する戦闘靴です。


  


Posted by 歴代の自衛隊装備 at 12:06Comments(0)陸上自衛隊

2015年11月26日

陸上自衛隊 仮眠用覆外覆内覆 1996年度

仮眠時の寝具として利用します。

ポンチョ状になっており内側には取り外しができるライナー(内覆)も付いています。

平時は畳んで小さく丸めて収納します。

山中での任務中に食事を取る際、白いご飯は目立ち、食べ物の臭いが広がって敵に見つかる可能性があるため、仮眠覆いで糧食を隠しながら食事をとるそうです。






  


Posted by 歴代の自衛隊装備 at 07:24Comments(2)陸上自衛隊寝具

2015年11月16日

陸上自衛隊 迷彩服, 1989年度

1960年代後半から採用され、1991年まで製造されました。

材質は綿・ビニロン混紡(50:50)で作業服と全く同じです。

現行の迷彩パターンが採用された後も一部の部隊で使用されました。

迷彩服の模様と色合いは、改変が行われており、年代によってわずかに異なります。

60年代、70年代は迷彩の色合いが暗めで、模様と模様の間に隙間が生じた柄です。

80~90年代は迷彩の色合いが明るめになり、隙間もほとんど見えなくなりました。

よく、旧迷彩、熊笹迷彩、迷彩服1型、迷彩作業服などと表記されますが、これらはあくまで仮称に過ぎません。

制式名称は上は「迷彩服上衣,」、下は「迷彩服ズボン,」です。





  


Posted by 歴代の自衛隊装備 at 23:00Comments(0)陸上自衛隊迷彩服